夢でしか会えないね

 Mとは夢でしか会えなくなってしまった。夢の中で、何処かへドライブしている時のこと、助手席に座って運転をアシストするMがいました。色々とお話しましたが、朝起きると何を話したか全て忘れてしまいました。Mが夢に出て来た時には、合掌してご冥福をお祈りしています。

 そう言えば、新聞を読んでいたら、若くして伴侶を亡くした評論家が書いていました。「亡くなった妻は何時もそばに居て見守っていてくれている感じがする。子育ても終わり立派に成長しました。おかあさん。」だから頑張って生きていますと。

 実感として私も同感です。癌で伴侶を失った人が同じ想いを抱いて生きているのだと感心しながら新聞を読みました。自分だけでは無いんだな、勇気を出して頑張らねばね。

 伴侶を失った時は、無念の思や失望感と焦燥感とが心の中に渦巻き、グリーフ状態で辛い思いを1年近く抱えていましたが、最近は心の中に何やら暖かさを感じられる様になりました。その暖かさとは何時も側で見守っていて下さるのだという実感なのです。生きているこの奇跡を大切にしようと思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カレンダー

2023年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

アーカイブ

TOP