不幸平はいつの世も

  maturisou.jpg

  

 

 昨日の植木の剪定で今日は身体が痛い。どことなく疲れていて筋力がないような感じ。剪定はいいが、後の枝の処理がえらく時間がかかる。落ち葉は腐葉土になるからそのままでいいのだが、雨が降ると虫が発生し困る。とくに蚊やブヨなどが異常に発生する。近所迷惑になりかねない。このところ円高、80円台に突入。先の見えない経済界、民主党政治の洗礼は始まった。自民党は谷垣氏が総裁、与党奪還を目標にしている。派閥解消はありえないだろうが・・・。

 2大政党の時代が幕開け、しかし自民の結束が得られなければ、民主1色・・・八ツ場ダム問題のように、地元の住民は苦境に立たされている。

 カスリン台風がもたらしたという災害に対処するためのダム建設に端を発したそうだが、今はダムの必要性がなくなり、廃止というわけだが、ダム建設のために色々対処してきた住民は踏んだり蹴ったりだ。

 子育て支援等にしても今直面している世代の人たちは恩恵を受けるが、今までに子育てをしてしまった人たちは0である。時代の不幸平は変える事が出来ない。得する人と損する人。

 いつの時代にも不幸平はある。生まれながらにして、その与えられた環境がその人間にとっての不幸平の始まり。でも、この花はどんな環境でも精一杯咲き誇る。人も自信を持って人生を享受したいものだ。

 時代の潮流に流されながら、1日を充実して生きていこう。蒼い地球の中に生きるものとして・・・・・・・・・・。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

TOP