百歳の葬儀

yuzu2.JPG

友人の父でわが業界の大先輩が、逝去された。

何時かは来るであろうと、思っていたが、FAX連絡網での知らせが届いた。

100歳の逝去は驚きとともに立派な人生をまっとうした事だと思う。

90歳代にゲートボールをしてピンピンしていたが、数年前より病院に入院していた。

自分が幼少のころに、父の元に尋ねて来た時の事、出されたお茶で口をぶくぶくしながら、何杯となくお代わりしていたのを思い出す。

ニコニコしながら高いトーンで話していた。帰った後、それをまねしてお茶を含みぶくぶくしていたら、母親に「行儀が悪いことはやめなさい」

と忠告を受けたことがある。

「あのおじさんがやっていたよ・・・」

と言ったら、

「人が見ていて気持ちの悪くなるようなことは慎みなさい」

と叱られた。

お茶をぶくぶくするおじさんはやがて「勲五等瑞宝章」を授賞された。いろいろな実績が評価された為と思われる。

これで、明治生まれの知り合いが、すべていなくなってしまった。それもそうだ。

このおじさんは明治43年生れであった。

時の流れは止められない。しかし、おじさんの生き方は後輩たちに受け継がれることだろうと思う。 合掌

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

TOP