ホロ酔い

長野の池田町の大雪渓酒造の酒
ちびりちびりなめてみると満足
自分が生まれる前、故父が池田町に疎開してた、
そして、西立川に出てきた、そして母と結婚して
自分が生まれた。
父の死後、何故か大町や池田町が理由なく恋しい。
あの山岳の上の虚空に漂いながら、自分がこの世に生を与えられるのを待っていたような味を
酒の中にかんじる。
部屋のスタンドを見ながら、考えてしまう!

本当に酒は仕込みの水が命だと思う。
Posted from するぷろ for iOS.

コメント