バタバタ

 道路の脇のドブ板の上をバタバタと音をさせながら自転車が走る。その音が、結構響いてくる。道路が狭いとはいえ、ドブ板の上を何故走るのだろうか?実際に歩いてみると意外と安心感がある。車道より一段高くなっているからだ。狭い道路に大きな車、自転車、通行人、何時事故になってもおかしくない状態なのだ。
 今日も、近くの交差点で事故が発生した。同じような事故が頻発する。双方の運転者が信号機が青で侵入したと言いはり、数時間に及ぶ現場検証。その為、渋滞が発生した。何処か不自然な交差点、数十人の人の命を奪った場所。何時も通るたんびに、何か言葉には言い表せない恐怖を感じる。わざわざ、その交差点を通らないで、遠回りして帰る事がある。事実、この交差点には死角があるのだろうと思う。
 バタバタ、今もドブ板の上を自転車が通り過ぎた。

コメント