一隅の幸せ

DSC09926.JPG

 ここ2,3日は比較的気温が高い。木曜日ごろには最高気温が15℃以上になりそうである。気温が上がると花粉の季節がはじまる。暖かくなるのは歓迎だが、煩わしい季節と思っている人も多いと思う。
2日前に蕾だったが、今日になって少しずつ開花をはじめた。この花を見ていると、まだまだ日本は安全な国である事を感じる。
ところで、リビヤからの避難民がエジプトにワゴン車で入国するニュースが流れていた。必要なもの以外のすべてを国に残して逃れていく姿に、緊張と恐怖を禁じえない。日本から距離が離れているからといって、影響が少ないとは言い切れない。
最近の政治を見ていると、反政府デモがこの国に起こらない保障は無いと思う。民主党の政治も小沢問題をはじめ、予算案が難所に乗り上げている。まだまだ勤勉で働き者が多いこの国は安全と政治家達は考えておられるようだが、国民に甘える政治で本当に大丈夫なのだろうか?今後、政治不信が積み重なれば、歯を食いしばって頑張っている人達も、最後には切れてしまうかも知れない。反政府デモはやがては中国、そして日本にも波及するかもしれない。貧困の爆発など決してあってはならないと思う。今のところまだまだ安全と思うが、ここ数年の不景気はますます加速されてきたようだ。
この様な情勢の中、花の開花を自分の部屋で見られる幸せを神に感謝したいものだ。ニュージーランドでは大規模な地震による被害があった。どうか、今後とも世界に平和が訪れますように・・・。

コメント