ひかりのカクテルをいかが

hikaku.JPG 何時も見慣れたブルーベリーの木、こんなに鮮やかな色調になるとは・・・。まるで光のカクテルの様です。ワイングラスにそっと注ぎ、飲んでみたい。味の感性が伝わるような雰囲気。
畑の持ち主が5年前に苗木を植えた。「ブルーベリーを収穫できたらたらお持ちします。」と言っていた。次第に苗木は大きくなり、昨年その畑は豊作であった。しかし、ブルーベリーは届かなかった。心の中で、“なんだ、言っただけか”と疑ってしまった。
 が、今年の秋口になって、大量のブルーベリーが玄関先に届けられた。「昨年何度も持ってきたのに留守でしたので、お渡しする事が出来なかった」というのである。何時も日曜日に畑に来ていたそうである。訪ねてくると当方は留守。ちょうどその時は、実家のかたづけや、植木の剪定や草とりなどのために家を空けていた。
今にして思うと、“善意でブルーベリーをお持ちします”と話していた農家の人を疑ってしまった自分がみすぼらしく思えた。やはり美味しいブルーベリーを沢山いただきありがたかった。アントシアニンの豊富なジャムを堪能できた。しかも、こんな光のカクテルまでいただいて幸せな気分にさせられた。午後になって再び太陽の光が畑に差し込んできた。この時期、太陽のぬくもりは言葉には言いつくせないほど暖かい。

コメント