妹は来ない

 


tikyuugi.JPG

 妹は来ない 地球の裏側から 

 

 来週の日曜日はいよいよ父母の法事だ。しかし、アメリカの妹が気管支炎を患い来日は出来ないというメールが届いた。久しぶりに会話が出来ると思ったが、叶わなかった。とても残念である。それより早く元気になって欲しいものだ。「アメリカからわざわざ法事に来なくてもいいよ」と父母が天空からメッセージを送ってきたのだろうか?兄弟が会う時と言えば、法事などの時ぐらいしか無くなる。結婚式も一つのチャンスだが、今後中々呼ばれる事もあるまい。最近の結婚式は2人だけで行うものが多いから・・・。

 父や母の他界に際し、人間は独りで生まれ、独りで死んでいくように思えてくる。その人のために親がいて先祖がいる。一度この世に生を受けると、周囲の人達が集まり、祝い悲しむのが世の常なのだろう。

 大昔は高齢化社会など存在しなかった。男性は若くして合戦や病気でこの世を去って行った。また女性はある年齢に達すると悲しみのうちに姨捨山に行ったそうだ。今や高齢化して男も女もボケて長く生きる時代になった。「自分だけはボケたくないし、ボケないはずだ。」と皆そう思って生きているに相違あるまい。

 それではボケない老後の為に一体何をすればよいのだろうか。常に大脳を活性化する事、健康管理、運動、定期健診等色々あるが、Blogは効果があるのだろうか?あるよ!頭の血管が1本切れたら寝たきりになったりする。この間まで元気だった人が入院だって・・・。え、癌になった・・・。信じられない事が多々ある。一寸先は闇かも・・・。

 しかし、そんな事を考えるより、今を大切に、一所懸命を心がける事にしよう。そして思いやりのある言葉を常に口にするよう努力する事にしよう。決して自分を飾る必要もない。自分にしかできない事を大切にしようと思う。

コメント